カナダ・モントリオールでの家探し!! ワーホリ体験談。

右も左もわからない異国の地での家探しって、大変ですし不安ですよね。今回は、これからモントリオールに向かう方のために、実際にモントリオールに行って体験し、知った家探しについてをシェアしたいと思います。


何と言っても、時期が大切!!

これは、正に"経験者は語る"になりますが、ヒデペコは本当に家探しに苦労しました。ヒデペコがモントリオールに向かったのは8月末の事でした。初めの2ヵ月間はモントリオールに住んでいる友人宅に住まわせてもらえるということで、日本にいるうちに次に住む家は決めずに日本を発ちました。

時が流れ、そろそろ次の家を探さないと!と家探しを始めたのは10月上旬のことでした。しかし、一週間経っても二週間経っても"うちは空いていません"の返答ばかり。もっと酷いところなんて、返信すらありませんでした。家がなくなる不安と、友人にもこれ以上負担をかけられないという事でストレスで押しつぶされそうになってしまいました。


いつが家探しの時期に最適か?

これには、モントリオールの不動産の仕組みが大きく関係しています。モントリオールは、家主さんと入居者の直接契約になり、日本の様に不動産屋さんは仲介しません。そして、契約は1年契約となります。万が一、半年で家を出ないといけないという事になったら残りの半年分の家賃まで負担しなければなりません。そして、大体の家の契約は毎年7月1日からとなります。それなので、遅くとも6月初めには家を探し始めるのがタイミングとして良いのではないでしょうか。また、7月1日以降に探し始めた場合なかなかご自身の希望の物件を探し出すのは困難であると思われます。




最適時期から外れてしまう場合と、物件探しの方法。

そうは言っても、なかなか家探しの時期に合わせるというのも無理な場合がありますよね。そう、ヒデペコみたいに・・・笑

物件探しには、いくつか方法があります!住宅街を歩いていると、賃貸希望者募集中!的なキャッチコピーと共に電話番号が書かれている看板を見かけます。そこに電話し、家主さんと交渉をします。もし、ピンポイントでこの辺りの物件を借りたい!という様な方は、実際にその場所に出向いて探すという方法は良いかもしれません。

それから、大半のモントリオールに住んでいる人が利用していると思われるサイト”kijiji"と"Craigslist"というのがあります。これには1年契約者を探している場合(家主さん)と、リースの引き継ぎ者を探している場合(入居者)、家をシェアしてくれる人を探している場合(家主さんまたは、入居者)のパターンがあります。もし、自分が家を必要としている時期や条件にハマれば、賃貸情報は沢山載っていますので良いと思います。

そして、一人で初めてモントリオールに向かう場合個人的にオススメなのは、モントリオールの日本人向けサイトを利用する事です。そこには、日本人に入居してもらいたい人、日本人が管理している物件の情報が掲載されています。連絡に関しても、他の方法よりスムーズに行え、契約期間も柔軟で、1日から1年以上などこちらの都合に合わせられるところが比較的多かったと思います。下にkijijiとCraigslist、日本人向けサイトのURLを載せますのでぜひご利用しモントリオールでの生活を楽しんでください!  


✴︎賃貸関係で詐欺が横行していますので、怪しい!何か変だ!というのを察知したら、速やかに連絡を絶つ様にしてください!


■ kijiji

https://www.kijiji.ca


■ Craigslist

https://www.craigslist.org/about/sites?lang=ja


■ e maple

http://www.e-maple.net


■from Montreal

http://www.from-montreal.com



P.S

モントリオールは、サルサダンス(SALSA)をはじめダンスのレベルがとても高く、ダンス留学をしにモントリオールに行く方は案外たくさんいます。もし、モントリオールでサルサダンスをやってみたい方、オススメ情報を共有出来ますので、コンタクトからお気軽にメッセージくださいね!










0回の閲覧
  • Facebook - White Circle
  • Instagram - White Circle
  • Twitter - White Circle
  • YouTube - White Circle
パフォーマンススケジュール
レッスンスケジュール