検索

サルサな話③ 〜サルサダンスってなに?〜

皆さん、こんにちは!!


前回までは、主にサルサの音楽について話をしてきましたが、今回からはダンスの方によりフォーカスしてお話できればと思います☺️


サルサダンスとは、簡単にいうと、「サルサで踊るダンス」のことを指します。


・・・そりゃそうだ笑

と笑われてしまうかもしれませんが笑、サルサダンスとは、という説明においてはとても大事な部分ですので、わざわざ言い直してみました😁


さて、皆さんはサルサダンスにどのようなイメージをお持ちでしょうか??

サルサダンス、と言っても様々な側面があるのですが、今日はそのサルサダンスの世界観を伝えていければ、と思っています^^


サルサダンスにおいて、最もメインとなるのが、"Social (ソーシャル)"といわれるものです。サルサダンスは本来、クラブダンス、パーティーダンス、ストリートのダンスで、サルサクラブやイベント、パーティーと言った場でサルサの音楽が流れる中、即興で男女で踊り合うのを楽しみます。

特に、ペアダンスで手を取り合い、様々な技を即興で掛け合う踊りは、サルサの特殊性の一つで、そのアドリブで音楽を感じてパートナーと表現をし合う感覚を一度味わうと、とてもハマってしまいますよ✨

そんなこんなで、現在はコロナ禍でなかなかイベントは開催できていませんが、以前から日本では毎日夜に様々はパーティーやイベントが開催されていました。大都市にはサルサクラブ、と呼ばれるものもいくつかあり、ラテン音楽に乗せてお酒をのみ、踊って楽しんでいます。

その即興性は本当に魅力的ですが、もう一つ魅力的な部分は、交友関係が広がる、ということでしょうか^^

基本男女でペアで踊るのがこのダンスですが、そのパートナーは基本1曲ごとに変えて、様々な人と踊り合います。もちろん、友達や恋人同士でずっと一緒に踊る、というのも良いですし、それ以外の方は1曲ごとに男性から女性に声をかけ、一緒に即興で踊ります。初めてその場で出会う人と、踊りで打ち解けることができるので、サルサは一気に交友関係を広げるツールとして、大人の趣味としてオススメですよ✨





(↑Berlin Salsa Congress でのソーシャル風景です。豪華で綺麗な会場でお洒落をして楽しく踊ります✨)



さらに、私たち日本人にはあまりパーティー、というものに馴染みはありませんが、イベントによって様々なおしゃれをできる、というのも魅力の一つですね!カジュアルなイベントもあれば、ホテルなどを借りて、とてもおしゃれに決めて遊びに行くフェスティバルなどもあります。ドレスコードもあったり、ビーチパーティーでは水着でおしゃれして踊れたり、様々な違った自分になれる、ということでどハマりしてしまう人もいます☺️


サルサダンスのメインは、このソーシャルを楽しむという点が大きいですが、そう言ったイベントにはよくショータイム、というのが存在します。フェスティバルやコングレス、と言った国内外から多くの人が集まる大規模イベントでは、正味1〜2時間ほどの大規模なショータイムがあり、トッププロのショーなどを見て楽しむことができます。

パフォーマンスでは、プロのダンサーのパフォーマンスはもちろん、サルサダンスでは生徒さんによるパフォーマンスもよく行われており、アマチュアでも舞台に立つことが可能です^^皆が憧れるキラキラの衣装や、おしゃれな服を着て、一つのステージでパフォーマンスを行います。主に一般の方のパフォーマンスは、ソロやペアなどのソロパフォーマンスもありますが、多くはチームを組んでのチームパフォーマンスが多いです。

HIDE & PEKO Dance Companyでも、様々な所属チームがありますが、一つの作品を皆で作り上げる感覚は、部活やサークルのような感じでとても和気藹々としています!友人が増えるのも魅力の一つです^^HIDE & PEKO Dance Companyでは、海外のコングレスなどにパフォーマンスで出演もしております。


(↑写真はパフォーマンス後のHIDE & PEKO Dance Company On2チーム。華やかな衣装を来て、パフォーマンスをした後の拍手を聞いたときの達成感は病みつきになります✨)


サルサダンスは、大きく分けてこの二つの側面をもちます。何より一番の魅力は、同じルールにのっとったサルサが世界中で踊られているので、世界どこに言ってもサルサ一つで人と繋がることができます!現在はとってもワールドワイドな世の中になりましたが、サルサはそんな世界にもぴったりの踊りです。海外では社交術の一つとしてサルサを習っている人もいるほど。より日本でもポピュラーなダンスになったらとっても嬉しいです⭐️


少しでもサルサダンスの魅力は伝わりましたでしょうか??次回はよりこのサルサダンスの歴史に踏み込んでいきたいと思います!!

73回の閲覧